カル子のスパイスカレー手帖

スパイスを購入して2ヶ月の社会人2年目(女)がカレーを食べ歩いたり、インドカレー自炊したり。

インドカレー自炊をオススメしたい5つの理由

 

こんにちは、カル子と申します。

 

インドカレーをスパイスから作るって聞くと、ハードル高そうに聞こえますよね。

 

でもそんなことないんです!

 

今日はインドカレー自炊にハマりはじめた超・初心者として、初心者なりのおすすめポイントを紹介します。

 

 

①鍋ひとつでできる

 

都内の単身者物件って コンロ1口が多いです。

2口のが断然自炊しやすいのは分かってますが、家賃が跳ね上がっちゃうんですよね…

 

でも大丈夫!インドカレーは鍋ひとつでOKです!

 

一品で完成 野菜も肉も取れるとなると、あれこれ作らなくてもいいし 洗い物も少なくてハッピーですよね。ついでに、市販のルーと違って小麦粉使わないので、鍋のこびりつきも少ないですよ。

 

 

②煮る時間が短い

 

実家で食べてた、ごろごろと野菜の入っていたカレー…

あれを実際作るとニンジンが柔らかく煮えるまで意外と時間がかかります。

 

仕事が終わってはらぺこ状態だと、待ちきれなくて若干固いまま食べちゃったりするんですよね〜

 

その点、チキンカレーやいわゆる「サグカレー」は煮る時間が短いので待ちくたびれませんww

 

 

③毎回味が変わって楽しい

 

インド料理は、和食と違ってダシを取る文化がないそうです。

 

だから「うまみ」は玉ねぎやトマトを炒めることで出すらしいんですが、炒め方によって 同じレシピでも全然味が変わっちゃうんです。

 

結果が分かりやすいので、料理初心者でもあーだこーだ試行錯誤できて、料理こだわってる気になれます!楽しいですよ〜

 

 

④スパイス3〜4種揃えちゃえば、あとの材料は庶民的

 

よく「36種類のスパイス」とか言いますけど、チキンカレー1種類作るのにそんなにたくさんスパイスはいらないんだそうです。

確かに、インドカレーのレシピを見ても何十種類も使うレシピは見当たらない…

 

むしろ、食材や仕上がりのイメージに合わせて少ないスパイスで風味付けするからこそ、いろんな味のカレーができるそうで。

 

で、これがないとカレーにならない!っていう必須スパイスは4つ。コリアンダーターメリック・クミン・レッドペッパー(唐辛子)です。

基本すぎてスーパーにも普通に置いてあります。

 

あとは生姜・にんにく・玉ねぎ・トマト・肉や野菜などの具材があれば、スパイスカレーはできます!

 

はじめは特別な材料は不要。

だんだん面白くなってきたら、ひとつずつスパイスを買い揃えながら、香りや味を試していけばいいんです。

 

 

⑤毎日食べても飽きない

 

それはカレーが好きだからでしょ、って言われたら まぁその通りです!

 

でも「2日目のカレー」という言葉があるように、カレーはだんだん味が変化していきますし、食材を足して昨日とは別の料理として楽しむのもいいですよ。

 

例えば、チキンカレーを4人前作るとします。

 

1日目はフレッシュなスパイスの香りとジューシーなお肉を楽しみます。調理中クミンの香りによって食欲が増してるので、ごはんが進みます。

  

2日目は 気分を変えてパン類で楽しみます。1食分 別の鍋に取り分けて、ほうれん草やチーズ・生クリームやカシューナッツなど、何かを足してもいいですね。

 

3日目は、肉の旨味が溶け出てて、1日目とは全然味が違うんです!

お肉は若干固くなってるんですが…こっちの方が好きな人もいるかと。

 

で、4日目はというと…

ついついおかわりしちゃうので残ってないことが多いですw

 

 

てな感じで、おすすめポイントでした!

 

①鍋ひとつでできる

②煮る時間が短い

③毎回味が変わって料理が楽しい

④材料が意外と庶民的

⑤毎日食べても飽きない

 

 

 興味湧いてきました?

次回は、実際にカレーを作りたいと思います!

 おたのしみに〜

 

んじゃまた \( ˆoˆ )/