カル子のスパイスカレー手帖

カレーにはまりつつある20代OLによる、食べ歩き(東京)・カレー自炊。ひとり暮らしの狭小キッチンでひとくちコンロ料理をしてます。

[レシピ]アレンジ!スパイスから作るキーマカレー

こんにちは、カル子です。

今日はあいにくの天気ですが、昨日はいい天気でしたね!

近所のクリーニング屋さんに人が殺到してました。きっとみなさん、いつ衣替えをしようか悩んでたんでしょうね…

 

さてさて、夏日を記録ということで、

早くも夏野菜キーマカレーを作りました。

前回紹介したスパイスチキンカレーのアレンジです。

 

完成図はこんな感じ。

f:id:carco:20170417205513j:image

 

[材料]4人前

 ・玉ねぎ 2個
・にんにく 2かけ
・生姜 にんにくと同じくらい
・トマト缶 1/2缶(もしくはトマト1個)
・サラダ油 大さじ2
・塩 小さじ2
・合挽き肉 280g
・ナス 2本

 

コリアンダーパウダー 大さじ1
ターメリックパウダー 小さじ1
・チリペッパー 小さじ1
・クミンシード 大さじ1(写真には入れ忘れ)

 f:id:carco:20170417211407j:image

以下、あれば
・シナモン(カシア) ひとかけ
・カルダモン 4個
クローブ 4個

 

材料は前回とほぼ同じ。変更点は、手羽元をひき肉にし、玉ねぎを1個増やし、ホールスパイスを追加の3点。

もちろん 前回と同じく、コリアンダーターメリック・チリペッパー・クミンのみでも作れますのでご安心を。

 

[作り方]

準備:ナスを縦に4等分し、水にさらしておく。 

 

①〜⑤前回と同じ手順でカレーペーストを作る。

前回の記事はこちら。

[レシピ]超簡単!スパイスから作る基本のインドカレー - カル子のスパイスカレー手帖

 

※クミンの他にもホールスパイスを入れる場合は、クミンより先に油に入れ、スパイスがぷっくり大きくなったところでクミンを入れる。

f:id:carco:20170417203040j:image

 

⑥カレーペーストをフライパンの脇に寄せ、挽肉を焼き付ける。

f:id:carco:20170417203205j:image 

 すぐに肉をほぐさずに、大きなハンバーグを作る勢いで焼き目をつけるとおいしい。肉ほぐすと、ポロポロそぼろ状になるのは早いですが、こんがりした焼き目はつきづらいです。

肉に大体火が通ったら次へ。

 

⑦焦げ付き防止の水150ccと塩(小さじ1)を入れ、煮込む。

f:id:carco:20170417204038j:image

 

⑧薄く油をひいた別のフライパンで、水気をふき取ったナスを焼く。

皮目から焼くとキレイな紫色を保てます(私は今回ちょっと焦がしちゃいました)。柔らかくなったナスが食べたいので弱火でじっくり焼きます。

 

⑨カレーが煮詰まったら塩で味を整え、盛り付けて完成!

 

おつかれさまです!

今回は玉ねぎが多いので炒めるのに少し時間がかかりますが、でも作り方自体はなーんにも難しいところはありません。挽肉入れたら本当にキーマカレーになったでしょ。

 

 

それにしても キーマカレーって、日本のお米に合うんですよね〜!!ちょっと硬めに炊いた方が好みです。おかわり必至なんで多めに炊いといてください。

 

今回写真には、これにキャベツのアチャール(漬物)を添えてあります。ぽりぽりキャベツでカレーがより美味しく食べられ、しかもサッと作れるので材料があればぜひ!

 

レシピは次回紹介しますね〜

 

んじゃまた。( ˆoˆ )/